株式会社東京農産トップページ>  最新一覧 >  最新情報

商品紹介

奄美諸島・珊瑚の恵み「黄金生姜」

鹿児島県の南端にある奄美諸島は珊瑚礁からなり、太陽がサンサンと降りそそぎ空気の澄んだグリーンアイランドです。
この地の生姜作りは昭和五十年以前よりすすめられてきましたが、当時の栽培は高知県向けの種生姜が栽培の中心でありました。
現在のような肥培管理・栽培技術により本格的にすすめられたのは4〜5年前からであります。
生姜の生産のコンセプトは「安全、安心」と「本物志向」に対応した、香りと辛味の強い本物の生姜栽培が、熱心な生産者のもと70ヘ
クタールもの大きな栽培面積となってすすめられています。
奄美諸島は平均気温が21℃前後の高温多湿な亜熱帯の地域で、生姜の原産地である熱帯アジアに近い気候です。
生姜作りで重要なのは土作り、良質な堆肥の投入とともに、バイオ酵素とアミノ有機を使用することにより、化学合成農薬、化学肥料
の使用を50%以下に減らすことが出来ました。
当然「特別栽培農産物」の基準にも適合しており、私たち東京農産営業スタッフも自信をもち、お勧めできる逸品です。
奄美諸島の生姜は風味のよさで定評がありますが、本物の証しは擂りおろしてみると色の変化がなく水分含量の少ないものであり、
花の咲く時期までじっくりと手間、暇かけ、丁寧に育てたことが分かります。
また、生姜の命であります、辛味成分のジンゲロールと香り成分であるガラノタクトンを多く含み、通常の生姜との違いは際だっており
料理人からも絶賛を頂いております。秋に近づくにつれ、今年も高品質の生姜の収穫が期待されます。
*近日発売の予定です、詳細はお尋ね下さい。 By N.H     

2013/02/25