株式会社東京農産トップページ>  最新一覧 >  最新情報

商品紹介

今年度の青森産にんにくの見通し

たくさんの効能があると言われている「にんにく」ですが、強壮強性力があるスコルジニンの働きは、夏バテ対策として、食欲不振対策として、暑い夏には特にお薦めです。夏にはぜひとも食べていただきたい「青森産にんにく」の見通しをお知らせします。
作付は前年並みです。(平成19年実績 1,350ヘクタール)
作柄は良好ですが小玉傾向にあります。寒い春の影響で心配されていた肥大不足・収量不足は、最近の適度な降雨と高い気温のおかげでやや改善される見通しですが、小玉傾向にはなりそうです。収穫は例年より2週間ほど遅くなり7月上旬以降になります。
収穫までのスケジュール
10月    元気に育つように祈りながら種まきします。
12月〜3月 雪の下で寒さに耐えています。
 4月〜5月 雪が解けたので肥料をあげて元気に育てます。
 7月    ようやく収穫です。

相場はやや高くなりそうです。昨年は前年の残量が豊富にあったために、新物は例年になく安値展開となりました。今年はまったくの正反対の環境で、前年産は残量が少なく、また、今年度産の収穫が2週間程度遅れる見通しのために、端境期の相場は高くなっています。端境期の相場が高くなる場合には新物の相場も高くなる傾向にあります。
前年と比較してやや高値になりそうな見通しですが、私どもはがんばって産地と交渉し、相場動向やサイズ別出荷傾向に合わせて、お客様に最も喜んでいただけるような値ごろ感のある規格を多数ご用意いたします。今年度産の青森産にんにくにご期待ください。 by K・F
 

2010/06/30