株式会社東京農産トップページ>  最新一覧 >  最新情報

商品紹介

真空バックをした長芋の匂いについて

利便性が追求されている時代の中、清潔で保存に優れた真空バックを施した生鮮品が増えています。
その中で「真空バンクを行った長芋は袋を開けたら異臭がするが薬でも使用していないか」との声を時々聞いています。
市販の長芋の加工過程は漂白剤、添加物を使用しない真水のみで洗浄し、カット、真空バックを行っているのが業界の
常識になっております。
真空バックを行った長芋は活きておりますので袋の中でも呼吸し炭酸ガスを排出しております。
排出した炭酸ガスは真空した袋の中で長芋が循環吸収し、これが長芋の異臭の原因となっています。
この匂いは炭酸ガスの匂いであり健康に問題がありません。長芋は購入したら袋から取り出し、濡れた新聞紙等に包み
冷蔵庫に保管して置くと炭酸ガスが抜けて匂いがなくなります。カットされた長芋は、切り口から変色して傷んでいきます
ので、切り口が空気に触れないようにラップでしっかりと包んで冷蔵庫で保存するのをお勧めします。
長芋は栄養価が高く、コクのある独特の風味を持った健康野菜です。長芋には、亜鉛やカリウム、鉄などのミネラル成分
・ビタミンB群・Cなど栄養成分がバランス良く含まれ、さらにアミラーゼやジアスターゼ、ウレアーゼ、オキシターゼなど多く
の消化酵素も含んでいます。
これら栄養素により中国では漢方薬として利用されるほど消化促進作用が抜群で滋養強壮効果も高いです。
また長芋の独特のぬめり成分である『ムチン』は細胞を活性化させる働きがあり、新陳代謝が促進され老化の予防、肌荒 
れ、疲労回復、便秘の改善、ダイエットに効果的であります。
このように、栄養価が豊富で夏のスタミナ野菜として注目を浴びている長芋ですが平成22年度が栽培面積2,290ha(農林
水産省)で安値展開だったことに比べ、今年は数量不足による価格の高騰が予測されます。 by N.H

2012/06/15