株式会社東京農産トップページ>  最新一覧 >  最新情報

商品紹介

これが本物の赤土牛蒡て゜す

陽光に輝く赤土の農場で牛蒡が静かに育つ
“これが本物の美味い牛蒡”
美味しい牛蒡が育つ土壌には、黒土、赤土、白土と呼ばれる土の特徴があり、茨城県行方市ではその三つの土質の中でも、肥沃な赤土に恵まれた圃場で多くの牛蒡が栽培されていいます。 赤土で育った牛蒡は香りが強く、独特の歯切れの良い食感が喜ばれております。
四季の豊かな風土の中で生産が行われながら、牛蒡の生産は時代と共に試行錯誤を繰り返し、高い品質と安全、安心をお約束できる技術により生産を続けています。 山田早生、柳川理想等の品種を一年を通して味が良く、香り高い新鮮な牛蒡を、作型を組み合わせ安定的に出荷できるよう工夫をし栽培しているので、 行方の赤土牛蒡は一流の料理人御用達の品で、関西の市場、関東の市場でもトップクラスの評価です。
 さて、赤土とはふつう火山灰土壌の表層の黒土(くろぼく)と対応させて,有機物の少ない明るい褐色の心土を指していいます。
地方によりアカノッポ,アカオンジ,アカホヤなどさまざまに呼ばれ,また表層地質学の分野ではローム(層)と呼ばれることも多い。
一般に鉄分に富む塩基性の火山灰ほど赤みがつよい。同じ火山灰から表層の黒土,下層の赤土と分化することもあるが,現世に発達した黒土層に埋もれた更新世の火山灰風化物である場合も多く,旧石器時代の遺物はそうした赤土層から出土します。 by Y・Sato

2014/10/31