お問い合わせ・新規お取引
042-520-0020受付時間 9:00-17:00 土・日・祝日除く
  1. HOME
  2. ニュース
  3. 安心・安全、香り高く色鮮やかなEM栽培大葉

News

ニュース

安心・安全、香り高く色鮮やかなEM栽培大葉

「土は野菜づくりの命」


EM菌は琉球大学比嘉照夫教授により開発されました。EMの“E”はEffective(有用)、“M”はMicroorganisms(微生物群)の頭文字です。EM菌は善玉菌のかたまりで、いくつかの善玉菌をその効果が現れるように組み合わせたもので、人体に大変有用であり、かつ安全なものです。EM菌は自然界に生息する微生物を集めて培養したもので、人工的に作り出したものでなく、EM菌に含まれる微生物のほとんどは、酒、味噌、チーズなどの発酵食品に使われているものと同じです。

EM菌栽培により、葉、根、茎がしっかり生育し、病気にかかりにくく、農薬散布も必要最少量で管理され、香り高く安心・安全の、緑に輝くしっとりとした大葉が育ちます。

EM菌の役割


・土壌中の有害微生物(悪玉菌)を抑えます。
土壌殺菌剤などを使うことなく、乳酸菌、放線菌、糸状菌の持つ殺菌力、乳酸、各種有機酸、抗生物質などの力で有害微生物の増殖を抑制します。

・有用微生物(善玉菌)を呼び込み、病気の出ない土作りを行っています。
有害微生物が抑制され、他の有用微生物が住みやすい環境となり増殖し、病気が少なくなります。

・土壌を団粒化し、保水力の良い土に変えます。
堆肥、腐植、繊維質を住み家にするとともに、これらと連動して通気性、通水性のよい土壌で生産を行っています。

・有機物の発酵分解を促進します。
土壌中の腐敗有機物を腐敗分解より発酵分解へ導きます。

・腐敗を抑えて害を出しません。
堆肥作りはもちろん、半熟堆肥、家畜生糞、未分解有機物、および、緑肥、作物残渣などの腐敗を抑えて害を出さずに活用します。

・肥料効果を向上させます。
有機物を微生物が分解消化し、植物が利用吸収しやすいアミノ酸、糖分、酵素、有機酸、生理活性物質などに変えます。化学農薬や化学肥料の多用により、土壌中の微生物(善玉菌)が住みにくくなり、病害が発生しやすい片寄った微生物(悪玉菌)が大量に発生しやすい状態になります。良質の有機物と堆肥などをEMとともに使用することにより、バランスの取れた菌相になり、土も柔らかく水はけの良い土となり病気がでにくく、肥料効果の高い胃袋(保肥力)の大きな土壌になります。

EM菌栽培により、安心・安全で、香り高く色鮮やかな大葉をお届けいたします。


EM菌栽培のFG袋詰めの大葉は、お届けより約15日間*、高品質が保たれます。管理が容易で、廃棄ロスの極めて少ない商品です。
*加湿商品、冷蔵管理温度8〜10℃、FG袋詰め、陳列角度条件70〜90度の場合

お問い合わせ


EM栽培大葉に関するご質問やお見積もりのご依頼などは、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。お客様のご要望をしっかりお聞きした上で、最適なご提案をさせていただきます。

お電話でのお問い合わせは、以下の電話番号で承ります。

 

最新記事